オススメリンク
日本人は特に飲む機会の多いお茶を通販で購入するならこちらのサイトがお勧めですよ。大切な人への贈り物にいかがでしょうか?

せんべいのいろいろ

どらやき

せんべいは和菓子の1つとして分類されています。
日本に於いて『煎餅』が出てくるのは、正倉院に保管されている737年頃の文章である。
しかし当時のものは現在とは違い、小麦粉を油で固めて煎り餅であったとされています。
現在のせんべいの発祥は草加せんべいであり、これは草加宿(埼玉県草加市)で団子屋を営んでいた「おせん」という女性に対して、侍が「団子を平らにして焼いたらどうか」と言われて始めたが由来とされています。
せんべいには色々な種類があり、醤油煎餅、ぬれ煎餅、塩煎餅、海苔煎餅(磯辺煎餅)、唐辛子煎餅、砂糖煎餅・ザラメ煎餅、薄焼き煎餅、揚げ煎餅(ソフト煎餅・サラダ煎餅)、オランダ煎餅、おにぎり煎餅、ソース煎餅といったものがあります。
前述の通り、せんべいは和菓子であるため、お茶を啜って食べるのが美味しい食べ方です。
特に縁側でゆっくりと食べる時などは格別なものです。
お茶は日本人に親しまれてきた飲み物であるため、せんべいもまた、お茶に合わせて変化をしてきたのです。
青森県八戸市には、郷土料理の1つとして南部煎餅を用いて醤油味で煮立てたせんべい汁があります。
この料理と同様に、現在では和菓子としてではなく料理として使われることも多くなってきています。
その代表例として、お茶漬けがあります。
和菓子とお茶の組み合わせは日本人に親しまれてきたものであるため、お茶漬けの具材として用いられるのは必然だったのだと考えられます。

飲食物の活用と裏ワザ

和菓子

普段、飲んだり食べたりしているものの中で、実は他の用途に使えるケースも多々あったり、購入後時間が経っても、美味しく出来たてさながらの状態で食べられる様にする裏ワザ等もあるのです。
老若男女問わず食されているせんべいは、出来立てを購入して食べる機会と言うのはそうそう無いもので、お店で売られている市販品を購入して食べるのが殆どです。
しかし、ひと手間かけるだけで家庭でも簡単に出来たてに近い状態のせんべいを食べることが出来る裏ワザがあるのです。
方法としては、せんべいをホットプレートやトースターで焼くだけと言う簡単なものです。
加熱後暫く冷ます事で、出来立て差ながらのパリパリせんべいになるのです。
人気が低迷していると言われている和菓子は、実はダイエットに向いており、カロリーを気にしている人にとっては力強い味方だったりします。
それは、和菓子は洋菓子に比べてカロリーや脂肪分が低いこと、和菓子に使われている小豆等は身体にも良いこと、洋菓子と比べて少量でも満足感が得られる事等が挙げられます。
また、和菓子は見た目が綺麗だったり凝った作りになっている物が多く、お土産やお茶うけ等にも喜ばれるものなのです。
そして、せんべいや和菓子にも合うお茶ですが、広く知られているように飲む以外の活用法がいくつかあるのです。
有名な活用法としては、畳掃除の際にお茶の出がらしを撒いて拭き取ったり、茶がらはサビの防止や臭い消しにもなります。
また、お茶は入浴剤の代わりにもなり、ガーゼ等で包んでお風呂に入れるだけで身体を温めたり肌のつやも良くなるのです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031